大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS ムン・ジェイン氏の特徴は「のらりくらり」

<<   作成日時 : 2018/01/13 00:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「のらりくらり」が、彼の政治家としての特徴。

既に中国の信用は失っているが、政権を倒すまでの怒りは買っていない。
この点(=のらりくらりで決定的状態に陥らない)が、ムン氏の政治手腕の真骨頂ではないか。

対中韓外交の基本は「毅然」。
弱腰には強く出てきて、強く出る者には引くので、弱腰と受け取られる行為は絶対NG。
こちらが「弱腰(宥和・柔和)」になった途端に、日韓合意見直しを迫ってくる。
今のムン政権はそこまでせず、努力している姿勢だけ見せて、のらりくらりを続ける。
馬鹿ではないだろうから、THAADも日韓合意も解がないのは分かっているはず。

したがって、意味不明の「新方針」は、実質的には韓国も10億円の上乗せをする点だけなら、対日では真空切り。
真意は、日本と決定的な敵対状況に陥らず、国内向けにジェスチャー(努力姿勢)を見せることでは?
それは、現政権は前政権よりも慰安婦問題に汗をかいていることを国内向けに示すこと。(公約のツケ落とし)
つまり、のらりくらりカードと考えると腑に落ちやすい。

なお、安倍政権が毅然とした態度を示しているからこそ、先方が軟弱な態度を示したもの。
日本側が弱腰の態度になった途端、居丈高になってくるのは経験則上明らか。

トランプ訪韓時の晩餐会や「日韓同盟の否定」に見るように、反日色は出している。
これは、中国からの要望によるものと考えられる。
日米韓の連携(軍事同盟)は、対北朝鮮だけでなく、対中国にも機能し得る。これが深化しないことを求められたのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムン・ジェイン氏の特徴は「のらりくらり」 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる