大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 国政(時代遅れの細川元首相)

<<   作成日時 : 2017/10/03 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

細川元首相が、小池氏の左派排除が寛容でないと苦言を呈しているそうです。

この御仁は、基本的に「時代」を分かっていないんだと再認識しました。それに、自らの政権の由来(チャイナや小沢氏の画策)というのも、全く反省していないことが、よく分かる言動です。
さすが、コミンテルンの工作員に操られた近衛文麿の孫だけのことはあります。騙されて国家運営を大きく誤ってしまう遺伝子なのでしょう。

小沢氏が画策して誕生した細川政権から、「失われた20年」は始まりました。まさに安倍総理の言うとおりです。

そして、この細川政権から左派の政権参画が始まり、その流れが旧民主党政権になり、この前までの民進党になったわけで、これが日本をクチャクチャにしてきたと言えるでしょう。
小池さんは、その20年間をリセットするつもりではないかと思います。つまり、冷戦終結後の1990年代初頭から旧民主党までの政界の否定と浄化です。これは、私も是非やってほしいと思います。

もう少し言えば、細川さんはチャイナ(コミンテルンの末裔)や小沢氏に騙されたけど、小池さんは騙されなかったというだけのことです。3年以上後のことですが、小池さんの外交手腕に大いに期待します。

この御仁の言動は、老害そのものであり、雉も鳴かずば撃たれまい(言わなきゃ思い出されなくて済んだのに)、ということわざを思い出しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国政(時代遅れの細川元首相) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる