大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の危機(保守も麻痺してきた)

<<   作成日時 : 2017/06/13 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

国防力が乏しい日本の近くで戦争が始まろうとしている時、自分も含めた保守までが、加計学園の議論に時間を浪費しているのは、日本の危機です。

江崎道朗氏によれば、
・国防力が乏しいので、コリアで勃発した時に海自はイージス艦などを日本海に集中せざるを得ず、その時を狙ってチャイナが尖閣・沖縄を奪いにきたら守られません。
・南西諸島(第一列島線)をチャイナに奪われると、台湾は大陸チャイナに占領されるリスクが高まります。

つまり、日本のシーレーンはチャイナに掌握され、日本はチャイナの属国になります。

下らない議論をしているヒマがあるのでしょうか。
この状況下では、本来官邸や関係機関は、
◯本当に国防力を増強する段取りを描き、
◯二正面作戦を計画し、
◯邦人保護の実効性の高いシミュレーションをし、
◯コリアからの難民をどうするか、必要な法整備をする
べき時です。

しかし、官邸も捏造スキャンダル問題に相当リソースを割いているはずです。

この状態を作り出している勢力があれば、それこそ、武器を使わないだけでテロなんではないでしょうか。

リベサヨの殆どは自覚しておらず、軍事を考えたくないだけなんでしょうが、それこそ百田尚樹氏の「カエルの楽園」に出てくるナパージュ国そのものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
正しい歴史に学ぶ すばらしい国 JAPAN
2015年に公開された『戦後70周年に向けて 正しい歴史に学ぶ すばらしい国 日本』というネット動画がある。 ...続きを見る
風林火山
2017/06/14 19:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の危機(保守も麻痺してきた) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる