テーマ:文化

フランス革命60年史と明治維新

【フランス革命は60年間】 フランス革命のような歴史上の大事件は、未来を考える上でいろいろと教訓に富んだ含蓄があります。以下、フランス革命を考察したいと思います。 学校の歴史教育では、フランス革命は1789年と習いますが、実際のところは秩序を回復するまで、二世代、60年間かかっています。 まず考えないといけないのは、後述するよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の使命(大陸型文明とは異なる日本型文明)

大陸の文明は、エジプトもメソポタミアもインダスもテクノロジー重視で、なぜか突如として高度なテクノロジーを持った状態で出現しました。そして、その技術維持のため、文字は必須でした。 一方、日本の文明は、世界最古の土器を作ったにもかかわらず、自然を敬愛し、感謝を捧げることに基盤を置いた独創的な文明です。土器の模様はあっても文字はありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山と縄文

見落とされがちですが、「里山」というのは採集文化の舞台です。 農村では、材木、薪、キノコ、カヤ、ヨシなどを採集する場所として「里山」を管理してきました。管理することで、鬱蒼とした森になることを防ぎ、木漏れ日が適度に差し込んで下草が生える、多様な生の空間となりました。 そうすることで、「里山」は、湧き水の魚類、各種の昆虫類、鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オシリス神話と大国主神話

古代エジプトには、オシリス神話というのがあります。 オシリス神の妻はイシス神で、子どもはホルス神です。都市伝説で有名なプロビデンスの目は、別名ホルスの目と言われています。 つまり、フリーメイソン(ピラミッドの石工の知恵の伝承団体)に流れ込むエジプト魔術と関わりの深い神家族です。 ちなみに、この神々の神話は地中海の文明世界で広範…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

量子論の可能性 と 日本の精神的な遺産の可能性

【量子論による発想の大転換】 量子論は、粒子ではなく、波やエネルギーにも現世の本質を見ました。 他にも、 ・観察者の意識がミクロの対象物(電子など)の状態(粒子が波か)に反映すること、 ・ミクロの世界では、電子などの存在は確率論でしか表せないこと、 ・「量子もつれ」というペアになった量子は何光年離れていても「瞬時に」片方の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の理科教育への違和感

少し前の記事では、明治以降の「指導者教育の欠如」という違和感を書きました。ここでは、「理科教育」についての違和感を書いてみたいと思います。 【なぜ理科を学ぶのか?】 「なぜ理科を学ぶのか?」に答えられる先生は日本にどのくらいいるのでしょう? そういう「何のために?」という素朴で良質の疑問を教育者は持っているべきだろうと思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

靖国合祀問題

A級戦犯が途中から合祀されました。 保守なのにあまり神道を知らない人たちが、一度合祀したものは分けられないと言っていますが、神社の祭神が複数おられることは一般的です。 その複数の神々は融合してしまって分けられないのでしょうか? ある神社では、Aという神様とBという神様を祀り、別の神社では、同じAという神様とCという神様を祀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治天皇御製、昭憲皇后御歌(2月11日、12日)

2月11日 明治天皇御製 (祝) 橿原の 宮のおきてに もとづきて わが日本(ひのもと)の 国をたもたむ 口語訳 橿原の宮で即位された神武天皇の建国の定めを拠り所として、わが日本の国柄を守っていきたいと願っている。(明治37年(2004年)) 2月12日 昭憲皇后御歌 (誠実) とりどりに つくるかざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治天皇御製、昭憲皇后御歌(2月9日、10日)

以下、明治神宮が発行している「明治の聖代」から、明治天皇の御製と昭憲皇后の御歌を紹介します。 同著では、365日に配して2日で対になるように和歌を紹介していますので、まず2月9日~10日をご紹介したいと思います。 ご興味を持たれた方は是非購入されることをお勧めします。明治神宮で販売しています。 「五箇条の御誓文」と「教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尊皇は、「日本文明」の根幹

「日本文明」の基本型は「敬神崇祖」です。 ノーベル賞を受賞された大村智氏は、ある人への色紙に「敬神崇祖」と揮毫しておられました。 「敬神」とは、神々を敬うことです。 日本全国に鎮守の神社があり、日本人は上古から感謝を捧げてきました。台湾に出れば台湾に、コリアに出ればコリアに、満洲に出れば満洲に、神社を創建しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のものづくり風土は大丈夫なのか?!

新幹線、リニア、日立、三菱マテリアル、SUBARUで、それぞれタイプの異なる不祥事が立て続けに発生しています。 これだけ立て続けに起こるのは、ヤバいです。 一応は、外国勢力による攻勢を疑ってはみたものの、本質的には企業風土の問題です。 日本企業が(不祥事のなかった企業も)、我が国の富の淵源である「ものづくり」の足元をしっか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

キリスト教(南蛮人の獰猛さを見抜いて日本を守った信長系の人材群)

欧州キリスト教は、西欧の政治システムの形成過程で培われてきた統治メソッドだという見方ができるだろうと思います。 戦国時代に日本に入ってきた「キリスト教」と呼ばれる何かは、イエスの教えの対極にある悪魔的な何かでした。信長と彼が育てた人材は、孤独にこれに立ち向かいます。 【原始キリスト教】 「原始キリスト教」は、ユダヤ教イエス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民共のメンタリティ=南コリア的

南コリアは、経済と安保の危機が迫る中でトップのスキャンダルに狂奔しました。 コリア半島有事がいつ起こってもおかしくない状況下での日本の国会も、テロ等準備罪と森友学園スキャンダルに狂奔しています。 今、議論すべき最重要課題は、 ◯半島の情勢激変(※)に対応して、日本の安保をどうするか? ※ミサイル精度向上、核開発、金正男暗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国のデモ~相変わらず南コリアンが訳がわからない~

パククネの秘線問題を巡って、南コリアが沸騰しています。 たしかに問題だと思いますが、パククネもコリアンらしい人間だったというだけのことじゃないでしょうか。 南コリア社会やチャイナ文明圏では、こんなコネ重視の不正なんて、社会の隅々に至るまで起こっていることではないのでしょうか。 天に唾を吐くのは、いつものコリアンの伝統芸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内寂聴=戦後の反日構造の象徴

また、この生臭がやらかしました。 日弁連(=左翼)の死刑反対シンポで、死刑に賛成する人のことを「殺したがるバカども」という汚い言葉で罵倒してしまいました。 かけがえのない家族を殺害された犯罪被害者の人たちが怒っています。 不倫をして、子供を捨てた女性です。情欲のために親としての責任を放棄したケダモノです。 しかも、そのことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近代化=ヴェネチア文明化 ⇔ ロシア(新ヨーロッパ史)

ヨーロッパを見るとき、イタリアは英独仏の後塵を拝する中くらいの国と見えてしまいがちですが、ヨーロッパ史を見ると、北イタリアなくして西欧文明はない、決定的に重要なエリアであることが浮かび上がってきます。 以下に述べるように、アルプス以北の英独仏は、北イタリアがなかったら近代以降の繁栄はなかったと言えます。 以下、北イタリアを中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法論議の稚拙さ②

⑴憲法9条の議論に当たっての基本スタンスは、政策論争ではなく、直前の記事で書いたような「憲法内の矛盾を解消する」というスタンスが肝要であろうと思います。 政策論争に終始すると、プロパガンダが特異なリベサヨのメディアや政治家が「戦争法案」と同様のレッテルを貼るのは目に見えています。 それ自体、政権にとってのダメージにな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本人=謝罪を求めない国民性

戦後初めてアメリカの大統領が広島を訪問します。しかし、どこぞの国と違って殆どの日本人は謝罪なんて思いもつきません。 (注)尊敬する中西輝政さんが謝罪を求めるべきとおっしゃっていますが、それは日本は何をされてもいい国だと思われるという理性的な判断としてです。 特定アジアとは国民性が全く違います。 方や未来志向に対して、方や過…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イエスと聖徳太子と秦氏

意図的に彼のユダヤ人要素を無視しようとする非ユダヤ人のキリスト教は、彼の教えを殆ど理解できないと思います。 しかし、前の記事で書いたように、イエスが出現した背景は、 ◯それまで宗教に寛容だった巨大帝国からの異教の強制や、ローマ帝国の威を借るエドム人王国(ヘロデ)による屈辱を経て、 ◯当時のユダヤ人が「巨大帝国の時代」という国際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹落ちしないキリスト教~本当に、イエスが説きたかったのは愛なのか?~

キリスト教という宗教が全く腹落ちしないなぁと思い、いろいろ調べ、考察してみました。 以下の「彼」とは、イエス(ヨシュア)のことです。また、神は実在していると考えていますので、その前提で書いています。 彼が生まれたのは、ユダヤ人社会が、後に述べるような特殊な環境下にあった時です。 この民族の置かれた危機的な状況とセット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓流について

コリアンは、フィクション力で生きています。 現実の歴史を直視すると、劣等感で悶絶死してしまいます。それゆえ、フィクション力は物凄く発達したと言えるでしょう。 天は、他に何の取り柄もないコリアンにフィクション力を与えました。 政治や国際関係、報道、ビジネスでは、このフィクション力は嘘・不誠実です。 一方、ドラマや映画という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイバーシティ国家イギリス

イギリスは日本と同じ島国で、大陸と一定の距離をとって独自の文化に誇りを持っているなど、共通点も多いと思います。 しかし、その歴史を見ると、非常に重層的にいろんな要素が積み重なっていることに驚かされます。 最近では、ロンドン市民で生粋のイギリス人は半数以下になっているというほど、異民族を受け入れています。他の欧州諸国同様、イス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バアル信仰②(ナチスの裏側?冷戦の背景?日本人の役割)

これから書く話は、ドラマ「ケイゾク」とか「スペック」とかの類のフィクションとして軽い気持ちで読んでいただければ、と思います。 我々の知っている歴史を素材に、あるとんでもない要素を一つだけ仮定すると別のストーリーが生まれてしまうということで作り話を創作しました。 《ナチスの経済政策の成功》 1933~39年のナチスの経済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプが強いアメリカを取り戻すには。そして、日本もそれに乗るには。

アメリカ大統領選で、トランプ氏がお騒がせしていますが、彼は「強いアメリカ」を作れるのでしょうか? イギリスの覇権は、「海」の時代にチョークポイントと言われる地政学上の戦略拠点(ジブラルタル海峡、マラッカ海峡、スエズ運河などの航海上の危うい地点)を海軍力で押さえることによって成り立っていました。 チョークポイントを押さえること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本仏教史(カルト→唐仏教→鎌倉仏教→在家の芸術家)

歴史教科書で「仏教伝来」と習うけど、果たして伝来したのは仏教と言える宗教だったのか?という疑問を持ちました。 先日奈良や大阪の寺に行った際に、コリアン旅行客が結構いて、「あ~、これは学校で日本に仏教を教えてやったと習ったからなんだろうなぁ」と思い、その辺りから少し気になっていました。(いわゆる団体さんではなく、コリアン旅行客は静かに観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右でも左でもない

友人から、よくお前は右だと言われます。 友人と飲んでいると「◯◯(←私)に比べると自分は左だ」とか「◯◯は真ん中を歩いているつもりかも知れないが、どうも右に右に歩いてるんじゃぁ?」と言われます。 左と言われるより右と言われた方がしっくりはきます。 でも、私程度の考えで右だと感じてしまう今の日本はやばいと思います。右とか左っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイナは何故近代化が遅れたのか?チャイナ文明は復活するのか?

チャイナ(当時は清)は、イギリスが産業革命で急成長する19世紀初頭まで世界一の経済力を誇っていました。 しかし、1840年のアヘン戦争で敗北してから、甚だしく凋落し、列強の搾取の対象になります。 一つのタイミングとしては、ここで近代化の動きが出てきてもよかったと思いますが、この時点では大した動きはありませんでした。 そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シャープの経営陣は最後までバカなのか?!

ホンハイ・グループの郭台銘会長は、台湾生まれと言っても山西省ルーツの外省人です。つまり、信用できないチャイナ人です。 郭は、夜中12時でも幹部を呼び出して会議を開くのが日常茶飯事だそうですし、ヘッドハンティングした人材の多くが、この郭の異常さに心身がボロボロになって辞めていくそうです。 つまり、猫なで声で近づいて、さんざん絞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移民と、受け入れ国のアイデンティティー

ヨーロッパ諸国の移民に伴う問題を見ていると、大量に移民を受け入れると、国家が中から崩壊し、急速に衰退する有り様が現れています。 移民が独自のコミュニティーを形成し、特に世俗法(シャリーア=イスラム法)までをもアッラーが創ったと信じるイスラム系コミュニティーでは、人間が作った世俗法への潜在的な懐疑心があり、なかなか移民先の社会に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移民問題(フランスの出生率向上で見落としている要因)

少子化問題に関して、日本では未だに、 ①フランスは出生率が2.0を超えている ②家族手当が多いのが出生率回復の原因 ③また、女性が仕事と家庭を両立するのをサポートする措置が充実しているのも出生率回復に寄与している という短絡化した議論があります。 後述するように、この議論は国家の存続にジワジワと影響を与える重要な要因を見落とし…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more