テーマ:報道

死刑執行に思う(70年代後半からの闇)

死刑制度の是非は、「進歩的」でない私には分かりません。 今回の死刑執行の理由については、 ○共犯者全員の裁判が確定し、証人として出頭させる必要がなくなったから。 ○平成が終わる前にカタをつけるのが望ましいから。 ○現大臣は、十年近く前に、犯罪被害者を守る法制化をした議員だったから。 ○テロ等準備罪が施行され、テロには厳罰で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

田中角栄以降 民主党政権まで (軸を喪失した国家)

拉致問題を初期から追い続けた阿部雅美という産経新聞の記者が、自らの反省を込めて素直に書いた「メディアは死んでいた」は、おススメの本です。 共産党や朝日の中にも熱心に拉致問題に取り組んだ心ある人たちがいたことは驚きでした。 「戦後」、特に1970年代後半以降について、いろいろと考えさせられました。 このブログの過去記事(http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カジノ法案やめてくれ~

自民党や維新の支持層でも反対している人は多いと思います。 カジノが社会にもたらす害悪やリスクを超えるだけの必要性が全く分かりません。 この点「だけ」は、野党の方が説得力があります。ただ、野党の場合、在日、北朝鮮利権との関わりがあるので、話半分に聞いた方がいいとは思いますが。。 ギャンブル依存症への決定的な処方はない状態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

騎馬民族征服王朝説と戦後日本の闇

【江上波夫の騎馬民族征服王朝説の誤り】 日本や天皇家の成立に関し、東大の江上波夫が唱えた騎馬民族征服王朝説というバカバカしい説があります。 騎馬民族が朝鮮半島から日本に渡来して日本を征服し、天皇家になったという学説です。 学問の世界ですから、真理の探究のために仮説を唱えるのは否定しませんが、あまりに詰まっていない仮説の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米朝首脳会談と貿易戦争

以下、完全に仮説です。 トランプ氏は貿易戦争に注力する必要があったため、米朝首脳会談では、当面、シナを刺激しない選択肢を選んだ可能性があります。 貿易戦争は、トランプ氏は陣頭指揮を取っており、少しの間違いが中間選挙の得票数を大きく動かします。これは、想像以上に体力や精神力を消耗する作業でしょう。 戦前の日本は、そうした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米朝首脳会談の裏にシナの影?

米朝首脳会談に、シナがどう関与したのかが気になるところです。 5月24日に一度破談になった時は、てっきり米国ペースで進むと思いました。 しかし、その後、6月1日にトランプが「最大限の圧力という言葉は使いたくない」と言い出し、同時に強硬派(良識派)でリビア方式を主張していたボルトン補佐官を外した辺りから、雲行きが怪しくなってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キムよりトランプの方が気持ち悪い

大方の予想どおり、中身のない合意文書でした。 スタートラインに着いたことで良しとする向きもあるようですが、、、 完全非核化に向けた次のステップに移れるかが肝でしたが、あやふやです。 日本が支援しないことを理由に非核化を進められないという口実を与えただけじゃないんでしょうか。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尖閣は陽動。狙いは北海道、北方領土、千島列島、北極海航路

シナの狙いは「一帯一路」にも明示しなかった北極海航路であり、そのための北海道や千島列島への侵出です。 でなければ、シナが北海道で突出して土地買収をする理由がつきません。また、北海道の自治体にも浸透していき、北海道のいくつかの港湾を地方創生の文脈で実質的に押さえつつあることの理由もつきません。 また、シナ海軍が津軽海峡を通航する理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米朝会談中止(今後はロシアが鍵では?)

米朝会談の中止は、多くの識者が指摘するようにトランプ氏側の駆け引きだろうと考えられます。トランプ氏が自ら書いたと推察されている書簡では、強力な軍事力を誇示して威嚇しつつも、「北朝鮮が心を入れ替えれば」という条件付きで対話再開に含みを残しています。 北朝鮮にしてみれば、この半年近くの宥和路線はひとえにアメリカと対話して圧力を緩めても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮情勢(日本人が正気を取り戻すためのいいテキスト)

今の北朝鮮情勢は、少なからぬ日本人が、 ・国防の重要性 ・外交力と武力の関係 ・戦後の言論空間の歪み(左派の歪み) ・地政学(半島をめぐる大国間の駆け引き) といったリアリズムに目覚めるきっかけになっています。 特に50代以下の世代が、リアリズムに目覚めてきたのは、日本の未来にとってとてもいいことであると思います。この流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディアの終焉

日本近隣の国際情勢が激変しているのに、その背景や力学、今後の予測などを伝えずに、もりかけばかりのメディアやコメンテーターに国民はウンザリしています。テレビ世代も引いています。 ネット情勢を得る層は、スマホの普及に伴って若い世代から始まり、今では50代くらいにまで拡大してきました。 典型的なのは今年1月末の名護市長選挙でした。移設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮は必ず超「対日強硬」に

北朝鮮がリビア方式の「非核化」を呑んだとしても「日米が勝ち得た非核化」と言って喜ぶ暇はありません。 北朝鮮は、アメリカには譲歩する訳ですから、どこかで体制の体面を保つ必要があります。 そこで、彼らにとって好都合な策は、これまで以上の「対日強硬」です。 6月12日の米朝会談までは、安倍総理にこれ以上トランプに吹き込まれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蚊帳の外」と言う前に(5月15日追記あり)

トランプ政権の端々に安倍総理の影がチラつきますので、日米がガッチリとタグを組んだ結果が今の北朝鮮情勢です。 「日本を除け者に」というジョンウンの言葉は、日本国内の左派世論を煽るための挑発に過ぎません。目的はカネです。喉から手が出るほど、日本のカネが欲しいだけです。何故ならコリアンですから。。 まずは、これが正しい情勢分析でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮系の言論人がこれから主張しそうなこと

国内の北朝鮮系勢力(要は左派の殆ど)は、今後、北朝鮮の意向を受けて、以下の三つを睨みながら、世論を撹乱するのではないかと思います。 【①段階的◯◯】 一つは、シナ、韓国と連携しての「段階的」のプッシュ。 「段階的」非核化に対応しての「段階的」制裁緩和で、これは以前も書きましたが、ペテンであり、デタラメもいいところです。 制裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝野さんが党首辞めなきゃ筋が通らない

財務次官のセクハラ問題で、野党は「麻生大臣のクビ」を求めていますが、それなら、はいはい青山(雅幸)や初鹿がいるんだから、枝野さんが辞めないと筋がまるで通らないんじゃ? ブーメランに気づかないのかな? 野党で唯一人気がある枝野さんが辞めたら、野党、どうなるんでしょうか?ちょっと見てみたいです。 次の党首は菅直人?福山哲郎?辻元清…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法9条の存在によって日本が失っているチャンス

憲法9条は1960年代頃までは必要だったと思います。 GHQによる押し付けがあったにしても、軍部によって国民が消耗品の如く扱われたあの戦争を経験した日本国民は消極的にでも9条を必要としていたと思います。 これについては、過去に↓のとおり考察しました。 http://s.webry.info/sp/66575033.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮情勢とシナ等と日本(カネは出すべからず)

日本はシナとは絶対協力できないだろう。 シナの共産党体制は、北朝鮮情勢を「日本弱体化」の好機として使うに決まっている。 シナと協調するというのは、日本弱体化の土俵に乗るということ。 自民党内の石破、野田、岸田などの親中派が勢力を得れば、今の情勢下でシナの描いた日本弱体化を実現させるだろう。 これに加えて、米国内のweak…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立憲でも民主でもない!毒饅頭の毒が効き始めたみたいww

今の国会の状況が、菅直人政権党の本質を物語っているように思えます。 ・国会開会中に審議したら、「強行国会」(意味不明の造語)だと騒ぐ ・国会審議をサボる ・不信任案提出に対して解散権を行使するのはおかしいと言う そもそもこうなったのは、 ・国権の最高機関なのに、北朝鮮問題、シナ問題、保護主義問題をそっちのけで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左派系野党とメディア、さらに旧自民党の反日ぶりがすごい

最近は世界がものすごいスピードで動いています。 アメリカの衰退が根底にあり、そこにシナの台頭、トランプ大統領の出現、ロシアや北朝鮮の撹乱、さらに欧州や中東の自滅が加わり、毎日目を離せない状況です。 北朝鮮情勢など1週間で様相が大きく変わります。また、米国の保護主義からも目が離せません。 しかし、そうした世界の動きから意図的に目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディアに取り上げられるのが政治?日本の民主主義は大丈夫なのか?

今のもりかけ質疑を見ていると、左派系野党や自公の中の旧体制グループは、メディアに取り上げられることを目的にしているように思えてきます。 「魔女狩り」(無実の者を陥れる悪意に満ちた行為)の仕組みを左派系野党と旧体制とメディアが担っているかのようです。 しかし、今の日本にとって重要なのは、 ●北朝鮮の非核化 ●シナの覇権主義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍おろしの構図

⚪安倍陣営【維新体制】👨🇯🇵 安倍総理、麻生副総理、菅官房長官 維新の会 ←有権者では若い世代(50代以下) ⚫安倍おろし陣営【旧体制】🤑🇰🇵🇨🇳 青木幹雄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中朝韓の言う「非核化」は全くのデタラメ

4月5日の産経3面は、とても内容の濃い記事でした。見出しだけ紹介すると、 ●北の包囲網突破許さず(首相、米皮切り 相次ぎ首脳会談)(「これまでの戦略描いたのは日本。置き去りではない」) ●非核化 米が主張する「リビア方式」(韓国 否定的な声も) です。 この記事を下敷きにしながら、北朝鮮を巡る思惑などを考察してみたいと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左派(野党やメディア)のこだわりを数値化してみた

平成30年度予算の成立に際して、ふと考えました。 森友で値引きされた額は8億円。国家予算100兆円の約10万分の1。 身長1.7メートルに対して17ミクロンの割合。ゾウリムシの10分の1。 トド1トンに対して10グラムの割合。角砂糖3個分。 世界の総人口70億に対して7人の割合。中華料理屋の1卓程度。 平均年収500万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半島情勢(約束違反の常習犯)

断るまでもないことではありますが、このブログは国防・外交のズブの素人が書いています。 しがらみもないからこそ、未来予測をしやすい面があります。 まず過去記事にも書きましたが、南北とも、半島人は、外交面での違約と背信を何とも思わないところがあります。 コリア国家は、近代国際社会にデビューした頃から、違約と背信の積み重ねだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ麻生さんが辞任しなきゃならないのか、よく分かりません。

決裁文書を差し替えるなど聞いたことありません。そのまさかが起こったわけです。 麻生さんは、大臣として、そこまで部下を疑う義務があったのでしょうか。。 万一これが報告を受けていたにも関わらず、隠蔽指示を出したのであれば、大臣ぐるみで国政調査権を軽んじたことになり、大問題です。 しかし、どうもそんな感じはしません。麻生さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保守の百家争鳴で、サヨクを葬り去る

そろそろサヨクを置き去りにして、保守同士で議論を展開する時代ではないでしょうか。 ネットから始まり、書籍でも、サヨクの捏造がどんどん暴かれたのは数年前。 時代を生き抜く知恵を求める敏感な人々は、既にサヨクを相手にしていません。バカの代名詞くらいにしかサヨクのことを見ていません。 しかし、それで安心してしまっては、せっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉致問題と改憲資格

拉致問題に真正面から取り組まない政党やジャーナリストに、改憲の議論をする資格はないです。憲法の根幹は「基本的人権」なのですから。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more