韓国を覆う反日民族主義(日本は、亡命親日派の保護を!)

シンシアリー氏(韓国人ブロガー)が書いた「朝鮮半島統一後に日本に起こること」という本は超おススメです。

韓国の反日思想や親北思想、そして歪んだ民族主義がどう形成されてきたか、日本では断片的にしか紹介されてこなかった驚きの事態が分かりやすく書かれています。

半島情勢は北東アジアを巡る大国を動かしますから、
今の韓国がどういう状態なのか、日本人はウォッチした方がいいでしょう。

同書は、効率的にウォッチできます。


【韓国人のトンデモ認識】

同書から読み取れる韓国人の現況について、若干の私見を加えて簡単に説明します。

韓国人は、
「民族が統一すれば、日本を超える偉大な国になる」
と本気で思い込んでいるそうです。特に、左派教育を受けた若い世代で顕著なので、この先も救いようがなさそうです。


○「古朝鮮」やトンデモ「上古史」という根拠皆無のフィクションを信じ込んでいる。

→「コリアン=かつて世界最高の民族」


○李氏朝鮮の極貧を知らず、「日本統治で様々なものを奪われた」という捏造史を単純に信じ込んでいる。

→「日本統治がなければもっと大国だった」


○米中露に囲まれた「半島の地政学」が全く分かってない。

→「北朝鮮の核兵器(軍事力)と韓国の経済力を足せば、大国」

→「南北で協力すれば、日本を核攻撃でひれ伏させることができる」(1995年大ヒット映画「ムクゲの花が咲きました」)


冷静に考えれば、「核保有」のままの統一なら、
その過程で韓国は制裁対象ですから、

GDPの貿易依存度が高い南部経済(統一コリアのGDPの9割以上)が急速にかつ音を立てて破綻するのは明らかで、
統一コリアの「経済力」はまず劇的に萎みます。

つまり、
完全核廃棄か?
経済壊滅か?
の選択をしなければならないのですが、

「ムクゲの花・・」で、日本攻撃の夢を大半のコリアンが見てしまった以上、

「軍事力」と「経済力」の両方得ようとして、両方とも得られないという選択をするに決まっています。

欲深の意地悪ジイさんの昔話でよくあるパターンです。

ちなみに、少し前に「日本を超える」と大はしゃぎしていた韓国の「経済力」にしたところで、日本の首都圏のGDPくらいです。

それにしてみても、
日本の技術(部品、製造機械、技術供与、技術者)や信用力、資金を利用し、金に変えた結果です。
つまり、韓国の包装紙を剥がせば、中身は日本です。中身が韓国なら、こんなに売れません。

「中身が日本」のビジネスモデルとして、出口部分が、これまでは日本の大手家電メーカーだったのが、韓国の多国籍企業になったというわけです。

言い換えれば、
日本がなければ、貧困のままだったということです。

韓国制裁は、とても効果が大きいと思いますし、
戦後70年間の「反日ありき」のコリア民族の言論空間の累積が今の韓国の状態ですから、

彼らの歪んだ目を覚まさせるには、私は「制裁」しかないと思います。


それにしても、韓国人の発想は、我々日本人の想像力を超えたところに行ってしまっています。
身体中に「小中華 ➡ 反日」の毒が回っているように見えます。


【文政権での「反日ファシズム」の嵐】

このトンデモ発想は「反日ありき」の無茶な『歴史認識』に由来しますが、

現在、韓国は、公定歴史(捏造史)に異を唱える者を処罰する「歴史否定処罰法」が制定に向かっています。

それに加え、「親日派一掃」宣言です。

だめだコリァ。不可逆です。「反日ありき」の歴史観を改める機会を永遠に失う暴挙であり、
自らの手で自らの首を絞めていることに気づかないようです。

さもなければ、マゾヒストです。

例えば、朴正煕を肯定的に言えば逮捕されますから、韓国の保守派は壊滅的な打撃を被ることでしょう。
彼ら保守派も捏造史で「反日」やっていましたから自業自得で、同情の余地はありません。

韓国の民主主義は既に死んでいます。
朴槿恵政権を打倒したローソクデモの時には、民主的手続きで選んだ政権をデモで終わらせるとはなんと非民主的なバカなことを・・・と思いましたが、
その後の韓国は静かな左派革命が進行し、ついにここまでファシズム化してしまいました。

日本のテレビのコメンテーターで、こうしたことに触れる人がいないのが問題です。

それどころか、韓国のローソクデモを「民主主義の姿」と言ってたコメンテーターすらいました。。。

安倍政権は歴代総理の中で一ニを争うほど総選挙をしており、最も民主的な政権であることは疑いようがありません。


【亡命のみ受け入れを】

一方、こうした隣国のファシズム化、言論空間の硬直化で、
親日発言や歴史修正をした者が逮捕されてしまうのなら、

日本は韓国の捏造史を正す機会を永遠に失います。

これは困ります。
気高い行為をしたのにも関わらず、
南北コリアン(やシナ人)による無数の「讒言」によって貶められた先人の名誉を回復するのは、
今を生き、未来の日本人への橋渡しをしていく我々の
最も重要な責務の一つではないかと思います。

戦後の日本人は、いじめを傍観している児童と同じで、
貶められた先人を放置してきました。

これは許されざる罪ではないでしょうか。


シンシアリー氏のように日本統治を正しく理解しようとする人に限っては、

「(家族連れ)亡命」を認めてもいいのかも知れないと思います。


それは、中長期的に見て日本の国益につながります。

何故なら、彼らの口から「韓国の捏造史がいかにデタラメか」を指摘してもらえば、
日本は、戦後ずっと呪縛され続けてきた「捏造史」の誤りを国際的に発信しやすくなるからです。

過去、金完燮(キム・ワンソプ)氏という韓国人が「親日派のための弁明」という本を出版したところ、韓国で発禁になり、多額の賠償金を課せられ、社会的に抹殺されました。

しかし、日本は放置しました。
韓国人自らの口で捏造史を暴く機会を失いました。

他に、勇気ある摘発者には、呉善花(オ・ソンファ)氏とシンシアリー氏がいます。


中長期的な視点で物事が見る訓練ができていた明治人なら、おそらく「チャンス到来」と捉え、金完燮氏を保護したでしょう。

陰が極まると陽が回復します。
陽を大きく価値のあるものにするには、ツボを得た工夫が必要でしょう。


こうした親日的コリアンは、ダイヤモンドのように希少です。

それ以外のコリアン、反日ムードに同調する一般コリアンの移民は、保守派であろうが原則お断りです。


「反日」民族主義が社会の基盤を為すような国相手には、原則ビザを認めないくらいの措置をしてもいいでしょう。


【韓国からの人材脱出】

どう見ても自滅の瀬戸際にある今の韓国では、多くの人が「韓国はもう無理だ」と感じているでしょう。

今は、百済や高句麗の滅亡時と同様、コリアンが住む国を選ぶべき時期です。

これから当分の間、韓国で自己投資してきた人たちの国外逃亡が続き、韓国からは「高度人材」はいなくなるでしょう。

「高度人材」を何が何でも引きつけようとするシンガポールのような国とは真逆です。

韓国そのものの衰退は加速するでしょう。


しかし、日本に来るなら、「反日ありき」の捏造史とケジメをつけてから来るべきで、
経済的な理由だけから来る大半のエゴイストは、全部追い返すくらいで丁度いいです。

「親日」に目覚め、日本に子々孫々骨を埋める覚悟でいる人なら、私は大歓迎です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック