「田布施システム」というトンデモ説(ペテン)

「田布施出身の被差別朝鮮人が日本を支配している」という超トンデモ説があります。

この説で「田布施出身者」とされるのは、明治天皇、伊藤博文、岸信介、佐藤栄作、小泉純一郎、安倍晋三と。。みんな被差別朝鮮人部落の出身で、明治天皇は大室寅之祐という人物に伊藤博文らがすり替えたとしています。

鬼塚英昭が流布するトンデモ説です。落合莞爾もコリアン云々を抜きにして天皇すり替え説を唱えています。
リチャード・コシミズというシナ工作員疑惑の人物も同様のことを言っています。リチャード氏は、動画で現皇室のことを「四代も続く立派な家系」と言って下卑な笑いをしていたのが忘れられません。天皇家を貶めることに暗い快感を覚えいるやに見えました。日本人の感性ではなさそうです。

日本人以外が日本で語ることはウェルカムですが、通名問題と同じことで、出自は隠さないでほしいと思います。
石平さんや呉善花さんは出自をしっかり明示しています。立憲民主党幹事長の福山哲郎(陳哲郎)のようにコソコソしていません。

話が脱線しました。
私はトンデモ説は嫌いではないので、ネットで何度か読みました(さすがに本を買うには金が勿体ない類)が、いつ読んでも、妄想が激し過ぎてついていけず、頭がクラクラしてしまいます。
また、熟慮吟味が必要な皇室に関わることで、こうしたトンデモ説を流布する感性が理解できません。「利益を得るためなら皇室を貶めていい」というのは、左翼と同じ醜悪な感性です。

落合莞爾のは、コリアンに結びつけず天皇家は世界支配システムに融合したというストーリーであり、壮大な法螺吹き感があります。
しかし、鬼塚英昭とリチャード・コシミズのは皇室に対する悪意を感じます。

きっと論評にも値しないので、世の中が放置してしまうゆえに、こんなバカげた説を堂々と主張する者がいるのでしょう。それ以前に私のようなトンデモ説が好きな人間でなければ、こんな蒙論に出くわすこともないのでしょうが。。


暇なので、敢えて論評してみたいと思います。

まず、「明治天皇がすり替えられた」というのは、およそ考え難い暴論です。

なぜなら、皇室と公家は京都でムラ社会のようなコミュニティを作っており、すり替えがあったらすぐに気づかれるからです。公家はドロっとした足の引っ張り合いが上手な人種です。何かの拍子に暴かれない訳がありません。

どうせトンデモ説を作るなら、もう少しマシなストーリーを作ってほしいです。味わう楽しみがゼロです。
毛利家が南朝の後裔を匿っていて孝明天皇が正統である南朝に皇位継承を戻そうとして、赤子の時から養子に引き取ったとか。南朝も神武天皇の男系相続なので問題ありません。南北朝時代に南朝の後裔は全国を転々としていましたし、甲州流兵学など日本の兵学には「天皇を担いだ者が勝つ」という秘伝があります。長州が勤皇になるのも尾張徳川家が官軍側につくのもこの秘伝ゆえです(拳骨拓史氏「兵学思想入門」)。

なお、明治天皇とされる大室寅之祐の顔は何度見ても明治天皇とは別人です。目や眉毛のあたりなど全く似てません。


また、皇族も岸信介らも、その顔立ちは鼻筋が通っています。日本人の標準よりも鼻が高くて概してハンサムです。明らかに、扁平で不細工な朝鮮顔ではありません。
この点も全く説得力に乏しいです。

どうせならユダヤ系だったとかにした方が説得力があるのではないかとアドバイスしたくなります。岸信介、佐藤栄作兄弟などセム系に近い顔立ちとも見えます。


なぜこのトンデモ説が、コリアと、皇室や総理を結びつけたがるのか、そっちの方に何か黒い意図を感じてしまいます。

このトンデモ説を提唱しているのはコリアンなのではないかと。。

これは後述します。


話を戻します。
さらに、鹿児島の田布施(日置郡)と山口の田布施(熊毛郡)があって、小泉純一郎は鹿児島の田布施、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は山口の田布施だと言います。既に破綻しています。何度読んでも「だから?」と言いたくなります。

開墾した田んぼをお寺さんに寄贈するなんてことは昔はザラにあったでしょう。だから「田布施」という地名が偶然に遠隔地に存在していても、両者に関係がある証明には全くなっていません。

鹿児島と山口はかなり離れています。

山口と瀬戸内海の西部沿岸(大分、愛媛、広島)は比較的交流はあったでしょうし、実際、民俗学者の宮本常一氏は熊毛郡のすぐ沖に浮かぶ周防大島の人口移動について、次男三男は食っていくために周辺に流出したという研究を残しています。熊毛郡でも周防大島と似たような状況であったことまでは想像できます。

しかし、山口と鹿児島の交流など聞いたことがありません。しかも、日置郡田布施があったのは鹿児島でも西岸です。

両者の間に転々と田布施があれば別ですが、「たまたま名前が同じだった無関係な2地点」と考えるのが妥当でしょう。

いずれにしろ、この2地点間の相互交流を証明できなければ、論理がまるで破綻していることに変わりありません。


岸信介、佐藤栄作、安倍晋太郎、安倍晋三がファミリーであることは誰もが知っているオープン情報です。「田布施」などと訳の分からぬものを引っ張り出す必要はありません。

なお、伊藤博文は田布施ではなく、田布施のある熊毛郡とはいえ束荷村の出身です。

まとめると、全く無関係な
・明治天皇
・伊藤博文
・岸信介、佐藤栄作、安倍晋三
・小泉純一郎
の四者をコリアンに無理矢理結び付けて立論している時点で「妄想も大概にしろ」と、トンデモ説好きの私ですら思う次第です。

このトンデモ説の出処はどうせコリアンだろうと思ってネットで調べたところ、ありました。「田布施の闇は嘘だった。在日朝鮮人や共産主義者が明治天皇すり替えを主張しているのである。」というタイトルの記事です。

それによると、落合莞爾や鬼塚英昭の本を出している成甲書房は、朝鮮共産党の機関誌・解放日報の元記者である朴甲東という在日コリアンが設立した会社だそうです。
この朴氏は、戦前は抗日パルチザンで、北朝鮮建国後、金日成批判をして日本に逃亡してきた人物のようです。「オマエー、日本に抵抗していたのに、よりによって日本に亡命してくんなよー」と言いたくなります。

また、「明治天皇=大室寅之祐」説の出所は、大室近祐という地元でも有名な詐欺師の話に鹿島昇氏というトンデモ屋が乗ったのが始まりだそうです。つまりはペテンです。ちなみに鹿島氏は、日ユ同祖論まではいいのですが、「皇室と百済王室は同じもの」という許し難いトンデモ説を唱えた人物です。

大室天皇説を唱える落合莞爾、鬼塚英昭、リチャード・コシミズの本やブログ、動画には気をつけたいと思います。


さて、カラクリが見えてきたところで、このペテンの意図は何かが問題です。

このフィクションのエッセンスは、
●現皇室や歴代の有力総理はコリアン系
です。「孔子はコリアン」と主張してシナ人を本気で激怒させた民族らしいウリナラ・ファンタジーの一種でしょう。

しかし、このペテンの意図はそれに止まりません。左翼的な
●現皇室に正統性はない噂を広める
→天皇制打倒の機運を高める
という暗い動機を見落としてはならないでしょう。左翼の大好きな、流言飛語による体制破壊工作です。

(注)「天皇制」は左翼の造語ですが、共和制でも君主制でもない我が国の独特の国のかたちを表すのに適当なので、左翼とは違う意図で使いたいと思います。保守が「天皇制」の語を嫌って提唱する「皇室とその制度」だったかは長すぎなので却下です。こういうところで保守は左翼に負けています。


とにかくコリアンやシナ権力者、日本の左翼、米国のweak Japan 派(大抵パンダ・ハガー)、国連の人権ゴロなどの「反日」分子の究極の目的は、「天皇制打倒」です。

世界最古の天皇制の重みが何度も日本を救いました。歴史で敵う国家はありません。ローマ法皇と同格です。また、日本が古くは律令制導入、近代では明治維新と文明開化を乗り切ったのは天皇制のおかげです。

とにかく日本の強みの淵源が「天皇制」であることを日本人よりも反日勢力の方がよく知っています。

だから、「天皇制」を破壊したいのです。

それは「日本を破壊したい」という根暗な衝動からくるものです。そういえば、鬼塚英昭もリチャード・コシミズもとても根暗な感じです。

なお、日本国籍者で「天皇制打倒」の典型は、保守の顔をしながら、総理時代に「女系継承」に舵を切ろうとし、先の皇室典範特例法の付帯決議に「女性宮家」の文言をゴリ押しで入れさせた野田佳彦元総理(似非保守)でしょう。

「似非保守」という連中は、戦前も大戦争へと日本を導いた最も警戒すべき手合いです。
野田は民団とズブズブであることを国会で追及されていました。二重国籍で日本人を騙し通そうとした蓮舫と気が合うのは当然です。

「老害」が枕詞の田原総一朗もこの部類です。朝まで生テレビで百田尚樹氏を恫喝して、「今の皇位継承の在り方は男女平等じゃないっ」という趣旨のことを絶叫しています。しかも、天皇の重要なお仕事が「祈り」であることを否定しました。
時折保守のような顔をするこの老人の本質が垣間見えます。保守であれば、男系相続、宮中祭祀は当然です。

また、大原康男氏との対談で「開かれた皇室」に執着しています(大原氏は、それに「反対」の立場)。
古代からの「天皇制」を勉強している人間なら、宮中祭祀つまり「最高神官」こそが天皇の本質であることを知っていますから、戦後の「開かれた皇室」には大いに違和感を感じます。神社の神官が生活を公開する必要があるでしょうか。むしろ閉じて神秘的であった方がいい筈です。
歴代天皇・法皇の中には、白河法皇や後醍醐天皇のように、「え?」というような方もおられます。皇室を常に大衆に晒して緊張状態に置き、大衆の人気が離れたときに「天皇制」を打倒する大衆気運を高めようとする深謀遠慮を感じざるを得ません。
つまり、この老人は野田佳彦と同じ似非保守です。

ちなみに、日本共産党が「今は天皇制を肯定するが、将来的に機が熟したときは天皇制を廃止して共和制に移行」と言っているのは、「開かれた皇室」についての上述の文脈で、彼らがどういう絵を描いているのか透けてきます。

大室天皇説は、日本国内に確実に存在する「天皇制打倒」派の一亜種であると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

パヨク在日チョンって馬鹿なんですよwww
2019年08月30日 21:06
https://twitter.com/t1H4gJzZwnWSwr9
告発者
@t1H4gJzZwnWSwr9
このツイッタ-は在日韓国人のですよ!!

この記事へのトラックバック