大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 慰安婦問題級(長崎の教会群ユネスコ登録への動き)

<<   作成日時 : 2018/04/06 00:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

長崎の教会群のユネスコ登録、とても気になります。
●日本の原型 = 反キリスト・悪魔的
という構図で理解されると、
●倭国 = 野蛮
というコリアやシナの妄想が説得力を増してしまいます。

結果、
●慰安婦問題
●南京虐殺
という、コリアやシナのデッチ上げが固定化され、安倍政権の努力が水泡に帰してしまうおそれがあります。

↓参照
http://s.webry.info/sp/66575033.at.webry.info/201804/article_1.html


ちなみに、慰安婦問題の場合、日本で報道されてからニッチもサッチもいかない問題になるまで約20年間ありました。最初は韓国は殆ど反応せず、宮澤総理の訪韓直前に朝日新聞が大々的に報じることによって初めて国家間の問題になります。
しかし、その時には、金銭的な面については、キム・ヨンサン大統領が「日韓基本条約で決着しているから韓国が負担する」と引き取りました。
その後、従北のノ・ムヒョン(法曹界出身)が大統領の時代に、韓国最高裁で政府が日本に解決を求めないのは怠慢だという判決を出し、そこからが、よく知られる状況です。中核的に運動した挺対協は北の別働隊ですので、北朝鮮が背後にいたと考えられますが、その思惑どおりに、韓国内に反日感情を広げるのに十分役割を演じました。

また、このプロセスの中で、日本の弁護士が国連にネタを持ち込み、不名誉なクマラスワミ報告が出されます。
さらに、コリアンが「性奴隷」「20万人」という全くの捏造をアメリカを始めとした世界中に広めることで、日本の信用を貶めました。一時期は米国の下院で日本批判の決議がされるなど、酷い誤解を受けました。
この背後にはシナからの潤沢な資金の提供があったと指摘されています。

未だに、先人の名誉は回復されていません。完全に名誉が回復されるのは絶望的な状況です。

つまり、日本発の反日的な情報が長い時間をかけて発芽し、外国の反日勢力に利用され、彼らの思惑どおりに日本は貶められ、さらに一時期は外交的に大きな不利益を被ったわけです。


長崎の教会群が、同じような経過を辿らないと誰が言えるのでしょうか。
カトリック国は、ヨーロッパ諸国、中南米諸国、アジアではフィリピンがあります。「日本=反キリスト」というレッテル貼りが、どのような反日感情を生むのか、空恐ろしい限りです。

例えば、シナが意図的に南シナ海に面するフィリピンで「反日」の火をつけたら。そしてフィリピンが韓国のような「反日」国家になれば。。
南シナ海周辺国との外交をシナが有利に進めることができ、さらに日本はフィリピンばかりか、ヨーロッパのカトリック国や南米でも悔しい思いをすることになります。
今ではなく、10年以上後に。。。

そのような責任を一長崎県が取れるというのでしょうか。

宗教というものが持つパワーを、政府はあまりに過小に見ているとしか思えません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
慰安婦問題級(長崎の教会群ユネスコ登録への動き) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる