大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮情勢とシナ等と日本(カネは出すべからず)

<<   作成日時 : 2018/04/29 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本はシナとは絶対協力できないだろう。
シナの共産党体制は、北朝鮮情勢を「日本弱体化」の好機として使うに決まっている。

シナと協調するというのは、日本弱体化の土俵に乗るということ。
自民党内の石破、野田、岸田などの親中派が勢力を得れば、今の情勢下でシナの描いた日本弱体化を実現させるだろう。

これに加えて、米国内のweak -JAPAN派も、シナと同様の動きをするだろう。小泉親子に要注意。
親小泉は既にコリア半島を代表して韓国政府が日韓基本条約を日本と結んだのに、北朝鮮への1〜2兆円の援助を約束した過去がある。

北朝鮮情勢で、「日本がカネを出せ」といった議論が出れば、これら勢力が背後にいると思ってよく、よくよく注意。

どうしても出すという国際圧力が出た場合、日本統治時代のインフラ等整備費用(日本の歳出)とその経済効果を持ち出し、話をこじらせるだけこじらせるべき(大抵は独立国が宗主国にカネを払っている)。
日本統治時代、日本は半島北部に大いに歳出を投下した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮情勢とシナ等と日本(カネは出すべからず) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる