大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史教育(高大連携歴史教育研究会)

<<   作成日時 : 2017/12/13 23:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

変化の時代は「考える力」が重要です。
この力を高等教育の場面で養おう、そのための大学改革をしようというのが安倍政権です。

一見これと軌を一にするように騙しながら、逆行する動きをしている教育界の動きがあります。

高大連携歴史教育研究会という2015年に油井大三郎氏らが主として大学、高校の歴史教育に携わる者を集めて設立された団体が、

「歴史教育では、
@「大きな流れ」を教えるべき
A教える「用語を減らすべき」
Bこの観点から歴史教科書を変えるべき」
という危険な運動をしています。

以下、なぜ危険かを述べたいと思います。

それは「認識の強制」になるからです。
「大きな流れ」というきれいな言葉で騙される人も多いと思いますが、これは「歴史認識」と同義です。歴史認識は、「事実」の学習を積み重ねた上に、個々人の中で形成されるものです。しかも、経験や学習の深化とともに、一人の個人の中で変わっていくものです。

それを「大きな流れ」なる一つの歴史認識があるというのです。この危険性に気づかない者たちには教育に携わってほしくないです。

まるでチャイナ文明圏のように「特定の認識しか認められない」という世界です。
先進国では「認識」は人の数だけあってよいです。それが自由で健全な社会です。

しかし、学校や受験で「特定の歴史認識しか正解をもらえない」と、学生はそれを必死で記憶するわけです。条件反射でその歴史認識をしてしまうほどに。。。そこに、この研究会の運動の隠された意図があるんだろうと思います。

・吉田松陰、高杉晋作などの維新の源流を作った偉人・恩人の名を「基礎用語」から消し、
・慰安婦、戦時性奴隷を「大きな流れ」の用語として入れる、
というあたりで、どんな「歴史認識」を強制しようとしているかは透けて見えます。

(注)保守の歴史認識であれば教えてもいいという問題でもありません。後述するようにディベートが最適です。

この研究会の会長、油井大三郎(東大名誉教授)は、親米の顔をして「未完の占領改革」という本を書き、
@天皇制廃止、
A共産チャイナへの服従、
Bアジア諸国への謝罪と賠償
という改革が未完のままなので、これを進めるべきという主張をしています。
アメリカ内のIPR(伝統的なウィーク・ジャパン派、パンダ・ハガー派(要は反日))の意見を進歩的アメリカ文化人の意思として紹介します。「アメリカの」主張ではなく、「コミンテルン流の」主張です。

これを知った上で、「大きな流れを学ぶべき」という彼らの主張を再考すれば、「コミンテルン流の歴史認識を学習すべき」という意図が隠されていることに気づくでしょう。
つまり、堂々と反日教育をしようとしているわけです。

(注)ちなみに、反日教育の産物が前川喜平です。朝鮮学校を無償化することに尽力し、明治の産業遺産の世界遺産登録に反対し、保守の星である安倍政権の倒閣運動までやりました。隠れて買春をやったとも。。。


さらに、穿った見方をすれば、保守化する若者への恐れのようなものも感じます。
最近はネットや書籍という媒体によって、油井ら既成学者の「研究」の嘘を見抜けるだけの情報が広がっているので、「特定の認識」を強制することによって若者の自由な認識形成を抑圧しようとしているのではないかと感じてしまいます。

どうやら、教育界の反日勢力は日教組だけではないようです。大学に反日本尊がいて、高校の教育まで反日で支配しようとしているのではないかと。。

前川のような反日思想の持ち主が事務次官になれるような文科省ですから、高大連携歴史教育研究会の提案のかなりの部分が通ってしまう可能性があります。

本当の歴史教育とは、様々な立場の認識が同時並行で存在していることを理解することです。

それには様々な歴史上のファクトを知る必要があります。彼らが削除しようとしている吉田松陰や高杉晋作は、幕末維新運動のキーマンですから、絶対必要です。

例えば、明治維新について、志士側vs幕府側でディベートしてみればいいのです。ディベートには、国防や産業などついて様々な用語を理解しておく必要があるでしょう。
彼らの主張はこの用語の数を減らそうということです。。。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHKの大罪
先日、NHKの受信料裁判が合憲と判決されたことに関して、論客たちの動画を集めてみた。 ...続きを見る
風林火山
2017/12/16 00:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史教育(高大連携歴史教育研究会) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる