大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮情勢A(半島の戦後処理と日本)

<<   作成日時 : 2017/11/03 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今のままではプレーヤーでなく、周辺大国の国益の激突する場面で有効カードがない。国防力の弱さが根本原因。基本、こういう時は国益の権化になるアメリカの言いなり。

(戦後資金)
日本は、戦後処理は韓国を朝鮮半島の代表として日韓基本条約を締結したので、北朝鮮が入ってきても解決済みという立場を取るべき。

しかし、半島周辺の経済大国として、また冷戦時代より遥かに強大なチャイナによる傀儡化を阻止するため、米中露から「カネを出せ圧力」は必至。特に米国からのそれが致命的。自国を守れず国防を金で買う国の宿命(そもそも30年前の湾岸戦争の時に気づけ!)。

その時、日本は、
@周辺諸国の分担制にする(必要なら国連統治の形。併せて戦争時に敵国条項の廃止に知恵を絞るべき)
A韓国の国力があることを理由に値切った上で、借款を中心にカネを「貸す」(無償供与は極力ゼロ円に!)
など工夫が必要。
ただ、傀儡ハンソル構想のチャイナや、アメリカ勢力の北進を嫌うロシアがすんなり乗るとは期待できないので、@は至難。

(注)忘恩の畜生しかいないコリアンには絶対に与えてはならない(日本統治時代の反省)。


(国防強化)
また、国防を自らもできるようにする方が外交力が増して結局コストがかからないので、9条改正&敵基地攻撃の常識化を。


(難民対策)
また、犯罪者率が高いコリアンが十万人単位で難民として雪崩れ込む事態に備える必要。今の在日の大半は強制連行などではなく、コリア戦争中に祖国を捨てたコリアン。
工作員も必ずいるはず。早くスパイ防止法を制定すべき。
対馬に自衛隊や海保、警察も大量に臨時駐在した上で、隔離施設を設けて難民は全てここに入所させ、厳しい審査と非情さが必要。嫌韓は、世界共通なので情弱に流れるのは厳禁。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮情勢A(半島の戦後処理と日本) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる