大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 改憲A(国防議論の貧弱さの裏返し?)

<<   作成日時 : 2017/09/13 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9条の1項2項はそのままに3項を追加するなどというグロテスクな、矛盾に満ちた案が出てくるということ自体が、我が国の戦後の国防議論の貧困さを露呈しているとしか思えません。

安倍総理は分かった上ででしょうが、改憲議論は国家の根幹の議論を旨とすべきという、明治人の精神を軽く見てないでしょうか。

石破氏は危険だとは思うものの、本件では彼の方が本質的です。
まだまだ自民党の議論は覚悟の定まらない甘ちゃんですから、改憲議論はこれがスタートで、今後、より根幹的なものへと深めていった方が良かろうと思います。改憲ありきはちょっとマズイ結果を招きそうです。

9条は、以下の規定です。
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


以下、国民の誰もが思いそうなことです。
◯2項で「交戦権」を認めていませんから、3項を追加しても、「交戦権なき自衛隊」です。自衛隊の手足を縛ったままです。酷いんじゃないか?
◯1項で、国際紛争を解決する手段として「武力の行使」は放棄したという規定になっているから、自衛隊は「武力の行使」はできないんだ。なら、どうやって戦うの?


1項も2項もNGです。むしろ、これらを削除して、
◯日本国は、侵略戦争は行ってはならない。
◯日本国は、国民の基本的人権を守るため、国家としての自衛権を保有する。そのために、国防軍を置く。
◯国防軍は、本憲法で定める議院内閣制の下でのコントロールを受ける。
といった趣旨が必要になると思います。従来の保守系の改憲案は、概ねこうした内容だと理解しています。(1項は削除しなかったり、三権との関係整理で軍事裁判所を設置するなどのオプションはありますが。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
改憲A(国防議論の貧弱さの裏返し?) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる