大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 国政(失われた国会)

<<   作成日時 : 2017/08/05 16:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前国会で本来議論されるべきものは何だったのでしょうか。

◯北のミサイル攻撃に対して、国民を守るために何ができて、何ができないのか。
◯国内のテロ活動として何が考えられるのか。それに対して、どういう対処ができて何ができないのか。
◯ミサイル防衛網では何ができて、何ができないのか。量的には足りてるのか。
◯半島有事で在留邦人を守れるのか。守れないとすれば、どうすれば守れるようになるのか。
◯ミサイルが飛んでくれば、国民はどうすればよいのか。何があれば、多くの命を救えるのか。

◯日米同盟で、アメリカは何をする義務があって、どこからはしなくてよいのか。
◯日米同盟で、日本は何をしなければならないのか。まずは自主防衛が必要とされているが、それは可能なのか。
◯チャイナや北の挑発や攻撃に対して、日本は戦時国際法でどこまでできるのか。
◯一方、憲法上ではどこまでしかできないのか。

◯東シナ海や南シナ海では何が起こっているのか。
◯シーレーンをチャイナに奪われれば、日本にどのくらいの損失が生ずるのか。
◯東シナ海や南シナ海の航行の自由を守るために、東南アジア、台湾、オーストラリアとどのような協力をすべきなのか。憲法上の軍事活動の制限により、できないものは何か。

といったことで、国民を守るために不足する点を補うための立法措置を議論するのが、本 国権の最高機関たる国会の本来の役割だったはずです。

民進や共産などの野党は、そば屋じゃあるまいに、もりかけばかりでしたが、自民、公明、維新も、あまりこうした議論をしてくれなかったように思えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国政(失われた国会) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる