大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 国政(前川氏は抵抗勢力)

<<   作成日時 : 2017/06/09 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前川氏は、官邸によって公正な行政が歪められたと言っています。本当にそうなら問題です。しかし、問題は本当にそうなのかです。

報道やネット動画などの情報を総合すると、
◯獣医学部を文部省は50年以上許可してこなかった。
◯一方、獣医学部新設の要望は民主党政権の前からあった。
◯民主党政権の時、特区で前向きに検討するよう、格上げされた。
◯安倍政権になり、さらにアクセルが踏まれた
◯国家戦略特区の議論において、ニーズがないことを文科省は示せなかった(農水省はニーズがあることを知っていたから、文科省からの「反論の誘い」に乗らなかった。)。

要は、
◯ニーズがあるにも関わらず、そのニーズを無視して文科省が獣医学部の新設を拒否してきたのは何故か?
を解明することこそが真っ当な議論ではないでしょうか。

そこには、文科省の先例墨守の組織風土があったと推察するのが自然です。
国民の「ニーズ」なんて無視で、「先例」こそ大切なのです。

天皇制は「伝統」が命ですから、「先例主義」は合目的的です。

しかし、教育行政は、
◯世の中が欲している人材を育てるのが目的
ですから、「先例主義」は目的から乖離させる悪弊に過ぎません。そこを見極めるのが、次官や局長のお仕事ではないでしょうか。

文科省がニーズを調べずに拒否したのならば、その理由は一体何なんでしょうか。大いに問題です。

前川氏は、事務方トップとして、「ふざけるな、合目的的に仕事をしろ!」と部下を叱咤すべき立場にあったのではないでしょうか。
彼の言う「公正な行政」って何なのでしょうか。

ネットで上念司氏が暴露している「文科省に協力しなかった農水省の反応」は、対応は消極的ながら、理のあることでしょう。仮に、文科省が結論ありきで農水省にデータの協力依頼をしたならば、それこそ問題です。
上念氏は、農水省はニーズがあるので進めたい立場だったという趣旨のことを言っていました。農水省にとっても、文科省は抵抗勢力で、「こいつら、なんとかならんかな?」といった感じでしょう。ただ、農水省も獣医師会を怒らせるわけにいかず、消極的な「協力拒否」を選択したのでしょう。


それにしても、前川氏は、部局からの説明でペーパーを見た、と自信を持って主張しています。

ペーパーを見たということは、

◯部下を指導すべき立場にありながら、先例主義の悪弊を改めるよう指導しなかった

という重大な過失を自分の口で言っているようなもんだと思います。この人、ほんとのバカなの?と思ってしまいます。

彼に、大義は全くありません。

そして、この本質論を置き去りに、ペーパーの真偽にばかりピーチクパーチク言っている既存メディアとリベサヨ政治家は、一体何なんでしょうか。彼らにも大義はありません。

与党は、前川氏を証人喚問して、
◯ニーズを調べなかったのか?
◯それは何故か?
◯なぜ指導しなかったのか?
を徹底的に追求すればいいのではないでしょうか。

そもそもあのペーパーが存在していたとして、何が問題なのか、私には全く理解不能です。
文科省のような「先例主義」で「思考停止」の役所があるからこそ岩盤規制があり続け、それを破るために官邸がプレッシャーをかけるのは当然です。

あのペーパーは、総理以下、国家戦略特区の担当がきちんと仕事をしている証にしかならないものです。

そんな勝てる勝負なのに、文科省の隠蔽体質に引き摺られて「ペーパーはなかった」と公言してしまい、その姿勢を国民から疑われている、というのが、今の構図ではないでしょうか。

保育系のフロンティア的なNPO法人フローレンスの駒崎弘樹氏の言うように、保育の世界でも役所の意味不明な先例主義を特区が打破してきました。それによって、働くお母さんたちへの病児保育などのサービスが進み、国民の福祉の向上に寄与してきたのが特区制度です。

そうしたことも織り交ぜつつ、安倍政権がいかに「官僚主義」と戦い、一方で前川氏がいかに打破されるべき「抵抗勢力」の典型なのかをハッキリさせることこそ、「ピンチをチャンスに変える」妙手ではないかと思います。

これからも、「官僚主義」を打破する安倍政権は、働き方改革などで特区制度の力を最大限活用する必要があるでしょうから、是非、大詰めとなった国会で前川氏を証人喚問して、この点を明らかにしてほしいと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国政(前川氏は抵抗勢力) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる