大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 国政(加計学園をめぐるくだらない文書問題で見えてきたもの)

<<   作成日時 : 2017/06/16 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回のドタバタで、以下を確信しました。

◯文科省の耳には「官邸の意向」と聞こえた、又は、内閣府に完敗したことを糊塗するために嘘を上司に報告した。

◯文科省は、そういう抵抗勢力であることを良しとする組織風土。その腐った風土を作ったのが前川前次官ら。

◯この国民から乖離した抵抗勢力を美化して賛美しているのが、リベサヨのメディアと政治家。

◯リベサヨのメディアは偏向しまくり。教育行政を担う幹部たちの驚くべき少女売春にも目をつむるばかりか、聖人化するような信じられないメンタリティ。チャイナやコリアに類似。

◯一方、最初から「岩盤規制に風穴を空ける官邸と内閣府」「それに抵抗する文科省らの官邸」という構図を正しく発信すべきだった。しかし、疚しいことがなかったのと長期政権の緩みで安倍さんが手を打つのが遅かった。


◯オマケで、少女売春の温床に文科省幹部が頻繁に出入りしていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国政(加計学園をめぐるくだらない文書問題で見えてきたもの) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる