大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇室C(神武天皇の母は琉球の人?)

<<   作成日時 : 2017/05/01 01:02   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

縄文時代の日本は、弥生時代以降、アイヌ、本土、琉球という別々の歴史を歩み、明治以降、再統合されました。

そして、神武天皇の母は(竹内睦泰氏の「古事記の邪馬台国」によれば)、琉球出身だそうです。「竜宮=琉球」という理解に基づいているようです。十分あり得る話だと思います。
だとすれば、神武天皇は、天孫族と琉球の統合の象徴であり、琉球の血が入っているということになります。

・琉球はチャイナの属国だった
・琉球は日本ではない
といった乱暴なプロパガンダがチャイナによってなされていますが、神武天皇の血の半分は琉球系だったというのは大きいです。

もちろん、それ以外にも、言語的に日本語と殆ど同じという点からも、琉球人=日本人ということは言えるでしょうが、初代天皇の血の半分は琉球由来というのは、もっと強調されるべきことと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
皇室C(神武天皇の母は琉球の人?) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる