大祓の国

アクセスカウンタ

zoom RSS 野党観察(民進党は終わりました)

<<   作成日時 : 2017/05/26 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

女系天皇を何が何でも実現しようとする民進党は「終了」が確定しました。

絶大な権勢を誇った小沢一郎氏は、習近平と会わせるために、年末の宮中祭祀でお忙しい天皇陛下の日程をこじ開けようとした途端、不思議なことに、急速に萎みました。

歴史を見ても、不思議と、
・天皇制を廃止しようとした蘇我本宗家は滅び、
・皇位を坊主に継承しようとした孝謙天皇は家系が断絶し、
・皇位を簒奪しようとした足利義満は、念願叶う前に死にました。

一方、藤原氏(中臣氏)はどれだけ権勢を誇っても、絶対に「女系天皇」には踏み込みませんでした。
藤原氏の力をもってすれば、天皇の娘と自分の息子を結婚させ、その子を天皇にすることは可能だったはずですが、これだけは断じてやりませんでした。
その結果、日本で最も繁栄した一族になりました。

中臣氏と同様、天孫降臨の随伴氏族である大伴氏も、武烈天皇の御代に皇位継承者がおられなくなった折、安易な女系ではなく、わざわざ応神天皇の六世孫を擁立しました。その後、数百年間、藤原氏に弾き飛ばされるまで、大伴氏は栄えます。


翻って、野田佳彦氏は、総理のときに「女系天皇」を推進しようとしましたが、その直後、民主党は議席を激減させ、その後も党勢回復が叶わないどころか、衰退の一途という表現がぴったりです。

そして、懲りずにまた、野田氏と民進党は、「女系天皇」とほぼ同義の「女性宮家」創設をごねまくっています。一言で言えば、神武天皇以来、二千年近くも連綿と継承されてきた男系男子(Y染色体)を断絶させることと同じことです。

歴史に照らせば、(民意ではなく)神意で「終了」が確定しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野党観察(民進党は終わりました) 大祓の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる